【2018年最新版】プラチナカードのおすすめはコレ!専門家が比較!

クレジットカードの中でも最高位に値するプラチナカード。

現在では多くのクレジットカード会社からプラチナカードが発行されていますが、

  • どのプラチナカードが良いのかわからない
  • プラチナカードを持つメリットが分からない
  • みんながおすすめするプラチナカードを知りたい

と思いますよね。

プラチナカードの多くは、インビテーションといって招待制つまり、クレジットカード会社から「このプラチナカードを作りませんか?」と言われない限り作ることができません

しかし今では、

  • インビテーションが必要なくて自分で申し込みして作れるプラチナカード
  • 年会費が抑えられていて安いコストで持つことができるプラチナカード

なども増えてきています。

プラチナカードを何枚も必要としている人はなかなか少ないと思うので、本当に満足できるプラチナカードを作ってほしいと思います。

そこで今回は、8枚以上のクレジットカードを使っている筆者が、

  • 迷ったらこれを選ぼう!本当におすすめのプラチナカードランキング5選
  • あなたに合ったプラチナカードが見つかる!特徴によるおすすめプラチナカード

を解説します。

また、

  • プラチナカードを意識した一般カード、ゴールドカードの選び方
  • プラチナカードの審査やサービス内容、ポイント還元率

などをクレジットカードプランナーの専門家としての立場から、初心者にも分かりやすく説明していきます。

ぜひ、おすすめのプラチナカードから、自分に合った最高のプラチナカードを見つけてくださいね。

迷ったらこれを選ぼう!本当におすすめのプラチナカードランキング5選

おすすめプラチナカードランキング
  1. 三井住友VISAプラチナ
  2. JCBプラチナ
  3. MUFGカードプラチナアメックス
  4. ラグジュアリーカード(TITANIUM CARD)
  5. アメックスプラチナ
三井住友VISAプラチナ
不動の人気を誇る三井住友VISAカードのプラチナカード。国際ブランドはVISAとマスターカードから選ぶことができて、どちらのカードフェイスもカッコいいデザイン。グルメやゴルフ、UFJなど様々な面で最高のサービスを提供してくれるプラチナカード。
総合満足度
インビテーション 不要(自己申し込み可能)
年会費 50,000円
国際ブランド VISA、マスターカード

詳細ページ公式ページ

JCBプラチナ
有名レストランで1名が無料になるグルメ・ベネフィットや、空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスなどとにかく年会費に対してお得なサービスが多いプラチナカード。日本初の国際ブランドであるJCBなだけあって、国内での優待もピカイチと優秀。国内旅行や国内レジャーがメインの人におすすめ。
総合満足度
インビテーション 不要(自己申し込み可能)
年会費 25,000円
国際ブランド JCB

詳細ページ公式ページ

MUFGカードプラチナアメックス
MUFGカードが発行するプラチナカード。三菱UFJ銀行をお支払い口座にしている場合、会員向けのサービスが受けられる。年会費は20,000円と抑えられていながら、プラチナカードとしての優待やポイントシステム、家族カードの発行1枚目無料など様々な面で優れているプラチナカード。
総合満足度
インビテーション 不要(自己申し込み可能)
年会費 20,000円
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

詳細ページ公式ページ

ラグジュアリーカード(TITANIUM CARD)
マスターカードの本場、アメリカから登場したラグジュアリーカードが遂に日本にて発行可能に。金属で出来た高級感・重量感を兼ね揃えた質感はハイクラスな貴方にピッタリのカード。カードフェイスだけでなく、サービスレベルもマスターカードの一流レベル。24時間のコンシェルジュ対応と各種トラブル優待によってオン・オフの両方で使える1枚。
総合満足度
インビテーション 不要(自己申し込み可能)
年会費 50,000円
国際ブランド マスターカード

詳細ページ公式ページ

アメックスプラチナ
インビテーションなしでは作ることのできない、真のプラチナカード。年会費に引けを取らないサービスと持つべき人を選ぶサービス内容から、インビテーションを待ち望んでいる人も少ないプラチナカード。ゴールドカードを使っていることが最低条件となるため、まずは実績を積むことがベター。
総合満足度
インビテーション 必要(自己申し込み不可)
年会費 130,000円
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

詳細ページインビ条件カード

特徴別!おすすめプラチナカード

プラチナカードを作るにあたって一番注意しなくてはいけないことがあります。

それは、どちらのプラチナカードなのかをまず把握しておく必要があります。

  • インビテーションなしで作れるプラチナカード
  • インビテーションありで作れるプラチナカード

インビテーションありでしか作れないプラチナカードは、すぐに申し込みをして作ることはできません。しっかりとインビテーションをもらうための前準備が必要となります。

インビテーションなしで作れるプラチナカードとインビテーションありで作れるプラチナカード、それぞれのおすすめを紹介していきます。

インビテーションなしで作れるおすすめプラチナカード

三井住友VISAプラチナ
インビテーションなしで作れるプラチナカードでありながら、サービス内容と年会費のバランスがとても優秀な一枚。毎年、選りすぐりのサービスの中から好きなものがもらえるプレゼントや、1名分のコース料金が無料になるプラチナグルメクーポンなどたくさんの優待付きなのに年会費は50,000円。十分に元が取れてしまうプラチナカード。
総合満足度
年会費 50,000円
国際ブランド VISA、マスターカード
家族カード 無料

詳細ページ公式ページ

JCBプラチナ
JCBのインビテーション限定カードであるJCBザ・クラスの年会費半額でありながら、サービス内容はほぼ同等。日本発祥のJCBカードであるため、国内での優待は他のカードにない強み。提携レストランで料金が30%オフになるのでただでさえ格安な年会費の元を取るのには十分過ぎるサービス内容。
総合満足度
年会費 25,000円
国際ブランド JCB
家族カード 1名無料(2名以降は3,000円)

詳細ページ公式ページ

オリコカード ザ プラチナ
長瀬さんがCMしているオリコカードの発行しているプラチナカード。年会費2万円はプラチナカードの中でも最安値でありながら、招待日和やコンシェルジュサービスなども特典としてしっかりと用意されているコスパ最強カード。しかもポイント還元率は最大で4.5%なのでポイントを損したくない人にもおすすめ。
総合満足度
年会費 20,000円
国際ブランド MasterCard
家族カード 3枚まで無料

詳細ページ公式ページ

インビテーションありでしか作れないおすすめプラチナカード

JCBザ・クラス
JCBプラチナの更に上位カードにあたる、インビテーション限定のプラチナカード。年に一度、好きな商品を選んでプレゼントされるメンバーズ・セレクションも付いており、レストランや提携ホテルでの優待も数多く優待サービスとして備えていてこのカード一枚さえあれば、他のカードは要らないとも言われているプラチナカード。
総合満足度
年会費 50,000円
国際ブランド JCB
家族カード 無料

詳細ページインビ条件カード

ダイナースクラブプレミアム
ダイナースクラブカードといえば、通常のカードでもプラチナカード並みの入会難易度と言われている由緒あるクレジットカード。そのダイナースクラブカードの更に上位カードにあたるダイナースクラブプレミアムは、ブラックカード相当の入会難易度と言われている。その入会難易度に比例するように数多くのベネフィットを兼ね揃えており、インビテーションを夢見る人も多い一枚。
総合満足度
年会費 130,000円
国際ブランド ダイナース
家族カード 無料

詳細ページインビ条件カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ
インビテーションなしでは作ることのできない、真のプラチナカード。年会費に引けを取らないサービスと持つべき人を選ぶサービス内容から、インビテーションを待ち望んでいる人も少ないプラチナカード。ゴールドカードを使っていることが最低条件となるため、まずは実績を積むことがベター。
総合満足度
年会費 130,000円
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
家族カード 無料

詳細ページインビ条件カード

プラチナカードについてまず知っておいて欲しいこと

プラチナカードを作るにあたり、まずはしっかりとプラチナカードのことについて理解しておくようにしましょう。

闇雲にプラチナカードを作ることは、おすすめできません。通常の一般カードと異なり、プラチナカードは自分がいま作れる状態にあるのかを把握した上で申し込みをすることが重要になります。

プラチナカードの立ち位置

クレジットカードは大きく分けて、4種類に分かれます。

  1. 一般カード
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ブラックカード

それぞれの立ち位置をまとめるとこのようになります。

プラチナカードの立ち位置

各カードの厳密な定義というのはありませんが、

一つのクレジットカードに対していくつのグレードがあるか

というのが各カードの立ち位置を示しています。

例えば、ステータスカードで有名なアメックスでいうと4種類あります。

  • アメリカン・エキスプレスカード
  • アメリカン・エキスプレスゴールド
  • アメリカン・エキスプレスプラチナ
  • アメリカン・エキスプレスブラック

このアメックスの場合には、カード名に名前が付いているので分かりやすいですが、付いていない場合でも下位カードから上位カードになるにつれて、

一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカード

と呼ばれています。

そのため、一般カードもゴールドカードも存在しなく、いきなりプラチナカードというカードは一般的には存在しません

クレジットカード会社が何種類ものクレジットカードを発行している理由は様々ありますが、一番の理由が”年会費を抑える代わりにサービス内容を限定し、誰でもクレジットカードを使ってもらいやすいようにする”ことがあります。

いきなり、

「年会費13万円のクレジットカードを作りませんか?」

と言われても、物怖じしてしまいますよね。そのため、各クレジットカード会社は年会費を抑えた一般カードから発行していき、そのサービス内容に満足された人に対して、年会費を更に上げる代わりに優待サービスを拡充させています。

またもうひとつの理由として、所有者を限定させているという理由もあります。プラチナカードやブラックカードは、後ほど後述しますがインビテーションがないと作れないクレジットカードもあります。

それらのクレジットカードは優待サービスをしっかりとする代わりに、クレジットカード会社がカード会員を選びます。そうすることによって、限られた人にのみ本当のサービスを提供することができるのです。

プラチナカードの取得条件

当サイトではプラチナカードの各詳細ページに取得条件を載せていますが、通常の一般カードとは違い、プラチナカードは各社によって取得条件が設けられています

これらの取得条件を満たさない場合には、審査に通るか否かではなく、申し込み条件に当てはまっていないとしてプラチナカードを作ることができません

概ね、プラチナカードの取得条件は以下3つの項目が該当します。

  • インビテーションの有無
  • 年齢制限
  • 年収制限

各カード会社によって、申し込み条件に含まれるものと含まれないものがあります。例えば、A社では年齢制限を設けている場合もあれば、B社では年齢制限はなく、年収制限のみというケースです。

それぞれの取得条件について、もう少し細かく解説していきましょう。

インビテーションの有無

プラチナカードを自分で作ることができるのか、それともクレジットカード会社からのお誘いがない限り作ることができないのかを判断するのが、インビテーションの有無になります。

インビテーションとは、”招待制カード”のことで、クレジットカード会社が既存会員向けに更に上位カードを作りませんか?という招待通知のことです。

このインビテーションに関しては、明確に来る条件というのを開示している会社はありませんので、インビテーションが必要なプラチナカードを作りたいと思ったときには、その下位カードを所有し待つことしかできません。狙っているプラチナカードがある場合には、その下位カードを所持していない場合、インビテーションの対象外となるので注意しましょう。あくまで、インビテーションが来るのは、下位カードを持っている人のみになります。

しかし現在では、ほとんどのプラチナカードがインビテーション必要だった場合にも、過去のインビテーションが来たユーザーの声も元にしてある程度の条件というのはわかってきています。それらを参考にして、インビテーションを待つのが最善となるでしょう。

年齢制限

プラチナカードの中には、そのカードのステータス性を保つために年齢制限を設けているクレジットカード会社もあります。そのため、例えば年齢制限が30歳以上となっているプラチナカードについては、年収が2,000万円あろうとも作ることはできません。

しかし現在では、年齢制限があるプラチナカードは減っているように感じます。年齢制限を設ける背景には後述する年収制限と近しいところがあり、年収制限のみをかければ問題なしと判断していると考えられます。

年収制限

年収制限は分かりやすい、取得条件と言えそうです。この年収制限をかけることによって、クレジットカード会社は会員を上位層のみに絞ることができます

それこそ1990年台ぐらいまでは、年収制限を設けているクレジットカード会社も多く、”年収1,500万円以上”が申し込み条件に大きく記載されているカードも存在しました。

しかし現在ではクレジットカード会社も、入会ハードルを下げてきている傾向にあります。そのため年収制限を公に出すことはしない会社が増えてきました。欲しいプラチナカードがある場合、以前よりも作りやすい環境になってきていると言えるでしょう。

プラチナカードとブラックカードの違い

先ほどのプラチナカードの立ち位置でもご説明しましたが、プラチナカードはブラックカードとゴールドカードの中間のステータスカードとなっています。

プラチナカードの立ち位置

そのため、いくつかのクレジットカードにはプラチナカードより更に上のブラックカードと呼ばれる、数少ない会員のみが持っているクレジットカードが存在します。

例えばCMでもおなじみの楽天カード、実はあれにもブラックカードが存在します。

楽天ブラックカード
楽天プラチナカードの更に上位カードにあたる、ブラックカード。公式ホームページにも記載がなく、インビテーション限定のクレジットカード。楽天ユーザーであれば、このブラックカードの恩恵を最大限に受けることができるのでおすすめ。
総合満足度
インビテーション 必要(自己申し込み不可)
年会費 30,000円
国際ブランド マスターカード

詳細ページインビ条件カード

ブラックカードとプラチナカードの違いにはいくつかありますが、代表的なもので上げると以下が挙げられるでしょう。

特徴 プラチナカード ブラックカード
立ち位置 最上級もしくはひとつ下 最上級
インビテーション 不要のカードも存在 必要
サービス内容 ほとんど最優遇 最優遇
年会費 10万円以下がメイン 10万円以上がメイン

ほとんどの人がプラチナカードで満足できるサービス内容と言えそうで、特にブラックカードにこだわる必要もないのが現状となっています。また現在では、ブラックカードを発行していないカード会社も増えており、実質ではプラチナカードが最上位カードとなっているカードも多く存在します。

年会費を踏まえたコストパフォーマンスを考えると、プラチナカードを目指すのが最優先となり、ゆくゆくはブラックカードのインビテーションが来たときに作成するべきか否か考えるのが良いでしょう。

プラチナカードの作り方

プラチナカードの作り方は基本的には今までのクレジットカードと同じになりますが、インビテーションが必要となるクレジットカードの場合もあるので分けて解説していきます。

インビテーション不要のプラチナカードの作り方

①プラチナカードを選ぶ

プラチナカードも数十種類あります。年会費、サービス内容などから自分に合うプラチナカードを選びましょう。

②公式サイトから申し込みをする

現在ではインターネットからの申し込みが主流です。郵送に比べて時間も早く、手書きによる処理誤りなどもないのでプラチナカードをなるべく早く作りたいのであればインターネットから申し込みを行いましょう。申し込みに必要な情報は名前、住所、年齢、年収、会社情報などです。これらの必要事項を入力後、審査が行われて無事通過するとプラチナカードの発行となります。

③プラチナカードを受け取る

ほとんどのプラチナカードが本人限定受取郵便で到着します。申し込み時に入力した住所宛に届きますので家族でも受け取ることができません。必ず自分の予定に合わせて郵送してもらうようにしましょう。

インビテーションが必要なプラチナカードの作り方

①インビテーション元となるクレジットカードを作る

インビテーションが必要となるプラチナカードは、その下位カードにあたるゴールドカードを所持していることが前提条件となります。どのプラチナカードがどのゴールドカードを所持することでインビテーションをもらえるのかは、各詳細ページに記載してありますので確認するようにしてください。

②インビテーション元となるクレジットカードで実績を積む

どのような実績を積むことでインビテーションが来るようになるかは、各詳細ページに記載していますが、概ねインビテーションで重視される項目は2点です。

  1. インビテーション元となるクレジットカードの所持期間
  2. インビテーション元となるクレジットカードの利用額

できるだけ、インビテーション元となるクレジットカードを早く作ったほうがインビテーションが来る可能性は高まるのできちんと実績を積むようにしましょう。

③インビテーションが到着したら専用用紙に必要事項を記載して返送する

インビテーションは自宅に郵送で届きます。インビテーションの封筒の中には返送用の専用用紙が同封されているので、そちらに必要事項を入力したら送り返すだけで完了です。簡単な審査はありますが、インビテーションが来る時点で条件は満たしているのでほとんどの場合、プラチナカードを作れると思っておいて大丈夫でしょう。

④プラチナカードを受け取る

専用用紙を返送してから概ね1週間から2週間程度で郵送でプラチナカードが自宅に到着します。こちらも本人限定受取郵便となりますので日時を合わせて受け取るようにしましょう。

プラチナカードを作るために必要な書類

プラチナカードを作るために必要な書類もクレジットカードの一般的に必要なものと変わりません。

  1. 本人確認書類
  2. 銀行口座
  3. (キャッシング利用の場合のみ)所得証明書類

プラチナカードを作る3つのメリット

プラチナカードを作るメリットが分からないと、高い年会費を払ってまで必要あるのかどうか不安になるものです。

個別のプラチナカードごとにメリットは挙げられますが、ここでは一般的なプラチナカードの共通するメリットを3つ挙げたいと思います。

  1. 今までの生活よりお得になる
  2. 時間を効率化できる(時間をお金で買える)
  3. ステータスを得られる

一つずつ、もう少し細かく見ていきましょう。

今までの生活よりお得になる

例えば、ほとんどのプラチナカードに含まれる優待サービスとして、レストランでのコース料金が1名分無料があります。これを年会費50,000円のプラチナカードで利用する場合、実は普通にコース利用をするよりお得になる計算になります。

■27,000円のコースを2名で利用、年二回の場合

・一般カード:27,000円×2人×2回=108,000円

・プラチナカード:27,000円×1人×2回=54,000円

→差額:108,000円ー54,000円=54,000円

つまり、年会費50,000円を支払ったとしても、このレストラン優待だけでお得になる計算です。今回は年二回で計算しましたが、例えば

  • 恋人の誕生日
  • 大切な人との記念日
  • クリスマス

など、ここぞという日にだけでも年に3回ぐらいはあります。もちろんこのサービスは、配偶者でないと使えないということもありませんので、仕事の大切なパートナーや会食などでも利用できます。

そうやって考えると、年二回以上利用できる可能性もあるので、お得さはどんどん増していきます。

一見すると、プラチナカードの年会費というのは高いイメージがありますが、それに見合ったサービスが用意されているので、自分のライフスタイルに合ったサービスが含まれていれば、プラチナカードを作る目的の一つになるでしょう。

時間を効率化できる(時間をお金で買える)

もうひとつ、プラチナカードであればどのカードにも付いているのが、コンシェルジュサービスです。電話一本であなたの秘書代わりになって

  • レストランの予約
  • 映画や旅行のチケット手配
  • 新幹線の座席確保
  • おすすめのワインの紹介

など、自分でやるのは面倒だなと思ってしまうことでも気軽に頼むことができます。

これらの決済はそのプラチナカードで行う必要はありますが、忙しい貴方に代わって電話一本でサービスとして対応してくれるので、貴方自身は他のことをする時間が生まれるわけです。

つまり、「時間をお金で買う」ことができます。

タイム・イズ・マネーという言葉の重みは、忙しい人であればあるほどよくわかっているはず。普段から効率化を考えているのであれば、プライベートぐらいは優秀なコンシェルジュに任せてしまいましょう。

ステータスを得られる

最後に、プラチナカードを手に入れるのにはそれなりの条件が必要となってきます。

  • 年会費を払うことができる経済的余裕
  • インビテーションが必要なカードであれば、クレジットカード会社からの信用

これらをクリアして初めて、プラチナカードを手に入れることができるわけですから、当然、プラチナカードを所有している貴方のステータス性・社会的信用力というのも上がります。

クレジットカード会社が提供しているサービス内容でなくても、ホテルに宿泊の際に勝手に部屋のランクが無料でアップグレードしていたなんでよく聞く話です。他にも、エコノミーのチケットでビジネスクラスに招待してくれたなど。

ステータス性を認められると、様々なサービスにおいてメリットがあります。少なくとも、デメリットは何一つないと言えるでしょう。

プラチナカードに関するQ&A

プラチナカードに一度したらゴールドカードに戻せない?

プラチナカードを作ってからもゴールドカードに戻すことはできます。ただし、その期間中の年会費はかかるため注意が必要です。(プラチナカードによっては解約でない場合、年会費を日割りにして請求してくれる会社もあります)

どのみち、年会費は少なからずかかってきますので慎重に選ぶようにしましょう。

プラチナカードからゴールドカードに戻したらもうプラチナカードは作れない?

プラチナカードからゴールドカードに戻して、しばらくしてから再度プラチナカードを作りたいと思った場合にも再度申込みをすることはできます

ただし、審査はその都度行われますのであまり頻繁に行うことはおすすめできません。

プラチナカードにするメリットってある?

プラチナカードにするメリットは前述した通り、数多くありますが、その価値を年会費と引き換えに良いと捉えるか、悪いと捉えるかは人次第です。

せっかくの素晴らしい優待サービスであっても、使わなければ年会費の無駄払いになってしまうので、繰り返しになりますが自分に合ったプラチナカードを作るようにしましょう。

年会費無料のプラチナカードってある?

現在ではプラチナカードの枚数も増えており、それに伴って年会費を抑えたプラチナカードも増えてきました。

しかし、年会費無料のプラチナカードは今現在では存在しません

やはり、グレードとしても下から3つ目となるので、今後も年会費無料のプラチナカードが出てくることはなさそうです。とはいえ、現在では年会費が3万円以下とゴールドカード並みに下がってきているプラチナカードも増えてきています。

そういった、入手しやすいプラチナカードから始めてみることをおすすめします。

ゴールドカードからプラチナカードにすると貯めたポイントはなくなる?

同じクレジットカード会社のカードを使い続けているのであれば、クレジットカードの番号は変わりますがポイントは継続して貯まります

ただし一度解約してしまうと、その限りではありませんので注意してください。

プラチナカードを解約する方法

プラチナカードの解約は他のクレジットカードと同様に、クレジットカード裏面のカード会社の番号に電話をかけるだけです。

  • 名前
  • クレジットカード番号
  • 生年月日
  • 退会理由

上記の4項目が概ね、聞かれることになります。所要時間は5分程度で簡単に解約自体はできてしまいます。

解約時点で残った請求は、通常通り請求されるので注意しましょう。

プラチナカードの解約後は、必ず不正利用のないようにハサミでカットして廃棄することをお忘れなく。ICチップが付いているプラチナカードの場合にはICチップにもハサミを入れておくとより安全になります。

まとめ

ここでは、おすすめのプラチナカードやプラチナカードにまつわるメリットや注意点などを解説してきました。

現在ではクレジットカードの使えるお店も増えており、多種多様な使い方ができます。

それに合わせて、自分に合うプラチナカードというのも一概に言えなくなりました。ぜひ、自分にぴったりのプラチナカードを探して最高のクレジットカードライフを過ごしてください。